【頭に叩き込め!】資産形成をする上で絶対に知っておくべき公式

※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告が含まれる場合があります。
悩んでいる人

これから資産形成をしていきたいんだけど、何か知っておくべき重要なこととかあるのかな?

こんな疑問を持たれている方向けに、今回は「資産形成をするうえで絶対に知っておくべき公式」について解説していきます。

資産形成をする上で、この公式をきちんと理解しておくと、資産形成のスピードもグッと変わってきます。

また、この公式を知っておくことで、資産を増やすための行動の一つ一つにきちんと理由を持って取り組むことができるようになります。

ぜひ最後までお読みください。

本記事の内容
  • 資産形成をする上で絶対に知っておくべき公式
  • 公式から得られる考えとポイント
  • 資産形成のための具体的な行動
簡単に自己紹介
じんのプロフィール画像

じん(仁)

  • 5年で貯金0円から資産2500万
  • 現在資産2600万
  • インデックス投資がメイン
  • 子持ち会社員(ITエンジニア)
  • 資産形成を中心に情報発信中

>>詳しいプロフィールと資産推移

それではさっそく解説していきます。

目次

資産形成をするうえで絶対に知っておくべき公式

資産形成をするうえで絶対に知っておくべき公式

結論からなのですが、資産形成をするうえで絶対に知っておくべき公式とは下記です。

絶対に知っておくべき公式

資産増加額 = 収入 – 支出 + 資産額×利回り

資産を増やしていくためには、この式が非常に重要です。

具体的に例を出すと、年間の収入が500万円、支出が400万円、資産額が1000万円、利回りが4%だった場合の1年間の資産増加額は下記のようになります。

具体例

500万(収入) – 400万(支出) + 1000万(資産額) × 4%(利回り) = 140万円(資産増加額)

なんだ、そんな公式当たり前じゃないか。

と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、この公式をきちんと理解できていますでしょうか。

この公式を知っているだけでなく、しっかり理解することで資産形成のスピードがグッと早くなります。

それでは、この公式をさらに深堀りしていきます。

資産増加額の公式から得られる考え・ポイント

資産形成をするうえで絶対に知っておくべき公式

では、先程の資産形成をするうえで絶対に知っておかなければいけない公式から得られる考え・ポイントをまとめていきます。

先ほどの公式、「資産増加額 = 収入 – 支出 + 資産額×利回り」の公式のポイントをまとめると下記の通り。

公式のポイント
  • 資産を増やすために見るべき指標は、「収入」「支出」「資産額」「利回り」の4つのみ
  • 収入を伸ばしても支出が多ければ資産は増えない(増えにくい)
  • 資産が貯まるにつれて、資産の増加スピードは早くなる
  • 利回りをコントロールすることはできない

それでは一つずつ解説していきます。

資産を増やすために見るべき指標は4つのみ

資産増加額 = 収入 – 支出 + 資産額×利回り」から見て分かる通り、資産の増加額は以下の4つで決まります。

  • 収入
  • 支出
  • 資産額
  • 利回り

この項目一つ一つを増やしたり減らしたりすることで、資産が増えていきます。

じん

「おすすめの貯金方法」などを実践しているだけではなかなか資産は貯まりません。
全体のこの4つの項目に意識を向けることがまず資産形成の入り口です。

収入を伸ばしても支出が多ければ資産は増えない(増えにくい)

「資産増加額 = 収入 – 支出 + 資産額×利回り」の「収入 – 支出」の部分に注目してみます。

いくら収入を増やしても、増えた分の収入を使い切っていては資産は増えません。
逆に支出をいくら抑えても、収入が落ちれば資産は増えません。

なので、資産形成をするためには、たとえ収入が増えても支出を変に増やしたりしないことが重要です。

収入と支出の大きさによって資産が貯まるスピードが大きく異なります。表にまとめると下記。

資産の増加スピード
支出 / 収入多い少ない
少ない
多い×

常に収入と支出のバランスを意識することは、資産形成において非常に重要です。

資産が貯まるにつれて、資産の増加スピードは早くなる

「資産増加額 = 収入 – 支出 + 資産額×利回り」の「資産額×利回り」の部分に注目してみます。

資産額が大きくなるにつれて、資産増加額も大きくなります。

資産形成を始めてすぐはなかなか「資産額×利回り」の部分を感じることはできませんが、資産がある程度大きくなってくるとどんどん資産の増加スピードが早くなっていきます。

じん

資産増加額は資産に加算され、また利回りをかけてお金を生み出してくれます。
資産形成は初めはしんどくても、加速して資産が増えるようになっていき、しんどさはそれに伴い減少していきます。

利回りをコントロールすることはできない

「資産増加額 = 収入 – 支出 + 資産額×利回り」の公式を見て、

利回りを上げれば最強じゃん!

と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、一部の天才トレーダーなどを除いて、一般的に利回りをコントロールすることはできないということは肝に銘じておきましょう。

全世界インデックス株投資の場合の利回りは見込んで5~7%程度。高配当株投資なら利回りは見込んで3~4%程度です。利回りを無理して上げようとして、痛い目を見ないように注意しましょう。
(投資先は自分のスタイルに合ったものを選びましょう。)

じん

株価や為替などは様々な要因が複雑に絡まって決まっています。利回りを上げようとして無理な投資をすることは危険です。

資産形成するための具体的な行動

資産形成するための具体的な行動

ここまで資産形成をするうえで重要な公式と、それのポイントについて解説してきました。
以上から、資産形成をするための行動をまとめると下記の通り。

資産形成するための行動
  • コントロールできるのは「収入」と「支出」のみ!ここに注力する
  • 投資をしていない人は投資を始めてみる

一つずつ解説していきます。

収入と支出に集中する

「資産増加額 = 収入 – 支出 + 資産額×利回り」の「利回り」についてはコントロールできないと解説しました。

また、「資産額」の部分については日々の資産増加額が蓄積してできるものなので、すぐに増やしたりできるものではありません。

よって、コントロールできるのは自分「収入」と「支出」の部分です。

「収入」を増やし、「支出」を減らすことが資産形成をする上で非常に重要です。

怒っている人

そんな簡単に収入を増やすとか無理だろ!

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。今の時代、個人で稼ぐ方法は無数にあります。自分に合った副業などを探してみて収入を増やすことをおすすめします。

とは言っても、すぐに収入を増やすことが難しい人がいるのも分かります。ですので、とにかく最初は支出を減らすことから始めてみることをおすすめします。

投資をしていない人は投資を始めてみる

「資産増加額 = 収入 – 支出 + 資産額×利回り」という式から、資産の増えるスピードは資産が増えるにつれて早くなると解説しました。

また、利回りが0%ならばいくら資産があっても、「資産額×利回り」の部分からお金を生むことができません。

以上から、投資をまだ始めていない人は投資を始めてみて、「資産額×利回り」の部分からお金を生めるようにし、資産を増やしてさらにそこからも資産を増やせるようにすることが重要です。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

本記事では資産形成をする上で絶対に知っておくべき公式について解説しました。

本記事のまとめ
  • 「資産増加額 = 収入 – 支出 + 資産額×利回り」を理解することで資産形成が捗る
  • 利回りはコントロールできない
  • 資産が増えるほど、より資産が増えやすくなる
  • 「収入」と「支出」に集中する(特に最初は支出に集中)
  • 投資をまだしていない人は投資を始めてみて、「資産額×利回り」からお金を生めるようにする

今回解説した内容は、資産形成をするうえで重要な考え方の部分であり、資産形成における全体的な部分を解説しています。

資産形成をするうえでの具体的な細かな方法は本サイトの各記事で解説していきます。

「収入」「支出」「投資」の部分で、「もっとここが知りたい」という部分があればぜひ他の記事も読んでみてもらえると嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回は以上です。

ブログ村に参加しています。下記をクリックして応援してもらえると励みになります!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次