English

そんなに違うの?イギリス英語とアメリカ英語で呼び方が違うもの【Part1】

こんにちは。

英語といえば様々なアクセントがありますが最も有名なのはブリティッシュアクセントとアメリカンアクセントですよね。

ですが実は同じ英語といってもアメリカとイギリスでは使われている単語がそもそも違ったりします。

今回はイギリスとアメリカで呼び方が違う10個のものを紹介していきます。

皆さんも是非正解を予想しながら読んでみてください。

ハンドバッグ

ハンドバッグ

1つ目はこちら。

皆さんはなんと呼びますか?おそらく多くの人がハンドバッグと呼ぶと思います。

ですがこちら実はアメリカでは別の呼び方をされます。

アメリカ英語:Purse

イギリス英語 : Handbad

財布

財布

2つ目はこちら。

財布は英語で?

イギリス英語 : Purse

アメリカ英語 : Wallet

日本人の感覚だと多くの人がWalletと答えると思います。

前髪

前髪は英語でなんというでしょうか?

イギリス英語 : Fringe

アメリカ英語 : Bangs

バングは美容室のサイトや美容系のサイトでもよく見かけるワードですね。

ベビーベッド

英語だとそのままBaby Bedじゃないの?と思いますよね普通。

ですが英語では

イギリス英語 : Cot

アメリカ英語 : Crib

となります。

おむつ

おむつ

お次はこちら。

赤ちゃんが履いているものを英語で?

イギリス英語 : Nappy

アメリカ英語 : Diaper

幼稚園

幼稚園

こちらも日本ではアメリカ英語での呼び方を習ったと思います。

イギリス英語 : Nursery school or Pre-school

アメリカ英語 : Kindergarten

消しゴム

消しゴム

学校の授業では多くの人がイレイサーと習ったんじゃないでしょうか?

イギリス英語 : Rubber

アメリカ英語 : Eraser

ちなみにアメリカでRubberというとコンドームという意味もあるので注意(笑)

共学

共学

イギリス英語 : Mixed

アメリカ英語 : Coed

CoedというのはCo – Educationの略だそうです。

出席確認

イギリス英語 : Taking the register

アメリカ英語 : Roll call or Taking attendance

Roll callというのは今回始めて知りました。

絆創膏

絆創膏は英語ではなんというのでしょうか?

日本語でもカットバン、バンドエイド、絆創膏など地域によって呼び方が全然違いますよね。

イギリス英語 : Plaster

アメリカ英語 : Band aid

まとめ

こうしてみると、やっぱり日本で浸透している英単語はアメリカ英語のものが多いですね。

もしイギリス英語が好きな人はイギリス英語での呼び方、逆の方はアメリカ英語での呼び方を覚えるといいと思います。

パート2に続きます。

ABOUT ME
Jin
Jin
好きなことをして生きたい!と思いブログを立ち上げ。フリーター1年→専門学校入学→TOEIC195点→カナダへ留学→TOEIC900点→日本で働くのは嫌だという気持ちから新卒でオランダで就職→ヨーロッパの旅行情報や英語学習の記事、時には好きな音楽の話だったり人と自分の役に立つ情報をアウトプット。